WORKS

仕事について

丸宮食品の事業内容

埼玉県を中心に、東京都や千葉県へ学校給食(小学校、中学校、高校、特別支援学校、保育園)と産業給食(学校食堂、社員食堂、仕出し弁当、病院、介護福祉施設、外食等)に食材を納入しております。

商品は常温品、冷蔵品、冷凍品の三温度帯を扱っております。大宮市場に店舗を構え、プロフェッショナルから一般のお客様まで幅広くご利用いただいております。

都内では、フランチャイズの居酒屋を3店舗展開し、お客様への「さらなる食材の提供と顧客満足度向上」を目指しております。

営業

商品アイテムの多さが当社の特徴です。
いつの時代も「安心・安全」である商品が最優先である事は変わりませんが、お客様に喜んでいただける商品をご提案します。

学校給食は、「子供の成長や健康を支え、喜んで食べてもらえる食材」をご提案します。多様化するアレルギーや、地産地消の推奨、シェフ給食やオリンピックなど各種イベントと学校給食のコラボなど、ここ数年で学校給食を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。

産業給食は、流行りの商品や消費者に喜ばれる商品など、多種多様な需要に合わせてご提案します。

営業部では「日頃から食事を楽しみ、食の知識を深める」ことを大切にしています。定期的に試食会を開催し、新商品の情報を収集し、提案に繋げます。お客様からの要望に沿えるよう、仕入先様と意見を出し合い、商品開発する事もあります。

事務

FAXや電話による受注情報のデータ入力・発注・営業サポート等を行っています。

迅速な対応や正確さ、誠意ある対応が大切です。事務所内の更なる効率化を図る為、6S(整理・整頓・清潔・清掃・しつけ・安全)活動を行い、問題点があれば、その都度意見を出し合い、解決へと繋げます。

こうした活動が、社内に活気を生み、経営ビジョンにある「絶えず成長できる組織づくり」を担っています。

商品管理

商品の入庫・出庫準備・在庫管理を担当します。
品質等の事故が起こらないよう、商品を正確・厳格に管理します。

入庫する食材は、冷凍品・冷蔵品・常温品・フルーツ・野菜などで、基本的には「入荷予定表」と照合し、間違いがないか確認を行います。品名・規格・数量・賞味期限・入庫時の品温や荷姿に変形や汚れがないかなども確認します。確認を終えたら、温度に合わせた倉庫に格納します。様々な温度帯の冷凍庫、冷蔵庫があります。

出庫準備は、例えばAというお客様に冷凍のコロッケを650個スタンバイするとします。コロッケは正箱で100個入りです。スタンバイは6ケースと50個になります。50個は端数になるので、正箱をバラしてアタマと呼ばれる端数の箱を作ります。お客様の名前と数量をアタマに記入して完成となります。このような作業を商品毎、お客様毎に繰り返します。

在庫管理は、出庫準備で端数が出た商品を在庫として保管します。賞味期限が迫っている商品は事前に把握し、共有する事で廃棄による損失を抑えます。

配送

お客様からご注文をいただいた商品を最高の状態でお届けします。

商品を最高の状態でお届けするには、トラックへの商品の積み方と扉の開け閉めに気を配る必要があります。トラックは冷凍と冷蔵の2層に分けられますが、特に夏場は扉を開けるとすぐに温度が上がってしまうので、温度管理を工夫する必要があります。

配送では、商品を最終確認する役割を担っているので、正確に積み込むことはもとより、何か異変があったら気付く事が求められます。また納品時のお客様への対応が、会社の信頼につながるので、誠意のある接客が大切です。

また、出来る限りお客様のご希望時間に納品ができるよう対応しています。当社は埼玉県・東京都・千葉県に向け、トラックの保持台数は55台あり、朝からほぼ全車両が稼働しています。
配送課では、定期的に安全運転講習を実施し、1年間無事故・無違反・ミス無しの運転手には社内で表彰するなど、安全運転の意識を高めています。